読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

ダイエットで汗をかかない場合、汗をかくようになる方法

ダイエットで思い切り汗をかきたいというときでも、なかなか汗をかかない体質の人は少なくありません。

汗をかかない体質というのは普段は役に立つことも多いですが、汗をかかないと冷え性やむくみ、疲労などの体調不良に悩むこともあるといいます。汗をかかないというのは体調面でマイナスの影響があるんですね。

また、体温が低いということは代謝が低いということで痩せにくいのでダイエットの効果が出にくかったり低体温で免疫力が下がってしまったりなどの悩みもあります。汗をかくことはデトックスにもなっているので体にもいいですしダイエットにも効果的ですしね。

そこで、なかなか汗をかかない体質の場合でも汗を思い切りかける体質になるためにはどうしたらよいのかということをご紹介します。

スポンサード リンク

汗をかいてダイエット!汗をかかない原因は?

汗をかかない体質は現代にありがちなもので、汗をかかない人が増えているといわれています。

原因は夏のエアコン使用により体温を調節する働きが弱まってきていることや、水分不足、冷たい飲食物、運動不足などが原因だといわれています。これらは現代ならではの原因かもしれませんね。

また、加齢によって汗腺の働きが低下してきていたり甲状腺の病気など何らかの疾患が原因の場合もあります。

加齢や病気はともかくとして、エアコンの過剰な使用で夏でも寒いくらいに冷やしすぎていると体に良くありません。また、冷たい飲み物や食べ物もほどほどにしないと腸が冷えてしまって免疫力が低下してしまったり良いことがありません。なるべく常温から温かい飲食物を摂取するように心がけましょう。

では、具体的にはどのような改善方法があるのでしょうか。汗をかかないという体質を克服してダイエットを成功させるために、生活習慣を見直してみましょう。

汗をかいてダイエット!汗をかかない体質の対策法「飲食物」

まずは、基礎体温を上げていきましょう。汗をかかない体質の人は、基礎体温が低めの人が多いといわれています。35度台だとよくないので、36度台になるように上げていきましょう。

それには普段の生活や食生活を改善することが大切です。体を温める食材を意識して摂取していくと同時に、体を冷やす飲み物や食べ物、薄着などをやめるというだけでも基礎体温が上がってくるでしょう。

体を冷やす食べ物、飲み物を摂りすぎていませんか?たとえ冷たくなくても、常温でも次のような食べ物は体を冷やす原因となってしまいます。

果物、生野菜

果物は特に、陰性食品ですから体を冷やしてしまいます。南国や暑い地域で採れるものは特に体を冷やして汗をかかない体質にしてしまいます。

パイナップルやグレープフルーツなどの南国フルーツの摂取には注意しましょう。それから、スイカなど夏に採れる果物も体を冷やす作用が強いのでほどほどを心がけましょう。

スポンサード リンク

砂糖、油、香辛料、酢

これらも陰性食品です。なので基礎体温を下げ、汗をかかない体質にしてしまいます。香辛料というのはちょっと意外に思えますが、からくてその場ではポカポカ温まる感じがしてもやはり体を冷やしてしまう陰性食品なのです。

スパイスが好きな人、唐辛子や生姜などを良く摂取するという人は体が冷えやすくなっているかもしれません。摂取量を調整して、あまりスパイスばかり摂らないように注意しましょう。

ただ、生姜の場合は加熱して食べるとショウガオールという成分が体を温める作用が在るといわれています。実際に生姜のサプリメントを摂取し始めてから体がかなり温まってきて冬の手足の冷えが改善されたという人もいますので検討してみてください。

では、体を温める食材というのはいったいどのようなものでしょうか。体を温めて、汗をかかない体質を改善するには次のようなものがあります。

根野菜、塩、味噌、白米よりは玄米、緑茶やコーヒーよりは紅茶など。

色が黒っぽいものほど陽性の食品になり、体を温める食材になります。また、発酵食品も陽性の性質を持ちますが、より長期間発酵させたものの方が陽性が強くなります。陽性というのは下に向かうエネルギーですので、地面に向かって伸びる根っこの野菜が体を温める食材になります。さらに火を通すことでより陽性になります。

葉野菜は体を冷やしてしまうので、体の冷えて汗をかかない体質の人は生で食べるのはやめた方がいいでしょう。また、コーヒーは極陰性でとても陰性が強い飲み物なのでとても体を冷やしてしまいます。なるべく体を温める飲み物を飲みましょう。白湯などはおすすめですよ。デトックス効果があります。また、タンポポコーヒーも体を温める飲み物で、ノンカフェインでおすすめです。

汗をかいてダイエット!汗をかかない体質の対策法「半身浴」

また、汗をかきにくい人はお風呂にゆっくり浸かる時間を設けるのもいいでしょう。シャワーだけで済ますよりも、デトックス効果もありますし体を芯から温めて発汗させる効果が期待できます。

半身浴だと、ゆっくり体を温められるので汗をかきやすくなります。特にアポクリン腺からの汗をかきやすくなりますので、38度から40度くらいのぬるめのお湯でじんわり汗をかくのがおすすめです。これによってアポクリン腺から老廃物を出してデトックスする効果が期待できます。

上半身はお湯につかっていないので冷えてしまいますから、バスタオルをかけて冷えないようにしましょう。半身浴は心臓に負担をかけずに長時間入っていることができますが、上半身が冷えてしまうと効果も半減してしまいますからね。

汗をかかない場合は、発汗作用が在る入浴剤やバスソルトを使うのもおすすめです。また、汗をかきにくい場合は水分をしっかり摂取するのも忘れずに。水分不足だと、体が汗をかきにくくなってしまいます。なのでしっかり水分を摂取すると、汗をかきやすくなりますよ。また、口に水を含んで入浴していると、脳が「体に水分が充分にある」と判断して汗をかきやすくしてくれます。しかし、それで脱水になってしまうと危険なので水分補給はくれぐれもしっかり行いましょう。

まとめ~汗をかいてダイエット!汗をかかない原因と対策~

いかがでしたか。汗をかかないのは体の冷えや水分不足、運動不足などが原因になっているかもしれませんね。

なので食生活や飲み物などを気を付けてみてください。また、適度に運動したり、入浴で汗をかくように心がけてみましょう。それから水分不足にならないように、普段あまり飲み物を飲まないという人は水分摂取を意識してみてくださいね。

スポンサード リンク

関連記事

yaseruoyatu.hatenablog.com