読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

ダイエットで汗をかく・かかないは関係ない!?

ダイエットで汗をかくとなんだか痩せる感じがしてしまいますが、実際のところは「汗をかく=脂肪燃焼ではない」ので汗と脂肪燃焼は関係ないといわれていますね。

しかし汗をかけば汗の水分量だけ体重が減ります。つまりむくみは改善するのでむくみ太りの場合に汗をかくのはダイエットに大いに効果的です。

脂肪太りの場合は、脂肪燃焼しない限り脂肪が減ることはありません。なので汗をかいても関係ないということになります。

スポンサード リンク

ダイエットで汗をかくのは脂肪燃焼とは関係ないの?

しかし、「じゃあ運動や半身浴で一生懸命汗をかくのは意味がないんだ・・・」と思われがちですが、それは少し違うようです。汗をかくくらい体が温まれば代謝が良くなり痩せやすくなることは確かです。それに、汗の種類によってはダイエットにも効果が期待できるのです。

私たちの体にはエクリン腺とアポクリン腺という二種類の感染がありますよね。この汗の種類によってはダイエットに効果的なのです。

一般的に、エクリン腺は良い汗といわれています。そしてアポクリン腺の汗は悪い汗と呼ばれています。それは、エクリン腺から出る汗がさらさらしていてニオイがないからです。

しかしアポクリン腺の汗はベタベタしていてニオイの強い汗ですが、デトックス効果が高いというメリットがあります。アポクリン腺はワキなどに多く分布していて、ワキガになるかならないかもこのアポクリン腺が左右しているといわれています。

アポクリン腺から出る汗には、タンパク質やアンモニア、脂質などがたくさん含まれているのです。つまり老廃物をたくさん含んだ汗なのです。そのためこのアポクリン腺からの汗をかくことによってデトックス効果が期待できます。

アポクリン腺の汗がなぜダイエットに効果的なのか

では、なぜアポクリン腺から汗をかくのがダイエットに効果的なのか見ていきましょう。

体内毒素は、ダイエットの妨げになっているといわれています。体内毒素は脂肪にくっつきやすく蓄積されやすいという特徴があるため、脂肪燃焼の妨げになるといわれているのです。

つまりアポクリン腺からしっかり汗をかいてデトックスすれば体内毒素が減って脂肪燃焼の妨げになるものが減ることになります。また、体内に毒素が溜まっていると食事から摂取した脂肪や糖分が吸収されやすくなってしまうといわれています。なのでダイエットのためにはデトックスが効果的なのですね。

そしてデトックスというと便秘を解消しようとかキレート剤を飲んでデトックスしようという人もいますが、汗でしかデトックスできない毒素というのもあるようです。なので汗をかくことはデトックスの上で、そしてダイエットにとっても大切なんですね。

スポンサード リンク

アポクリン腺から汗をかいてダイエットする方法

しかし、アポクリン腺から汗をかこうと思ってもさらさらした汗しかかけなかったりと、なかなかうまくいきません。

アポクリン腺から汗を流してダイエットするにはどうしたらいいかというと、じっくり時間をかけて体を温めるということが必要になります。

つまり、急に運動して体温上昇したり、熱いお湯につかって汗をかいてもそれはエクリン腺からの汗であることが多いのです。

アポクリン腺から汗をかこうと思ったら、半身浴がおすすめです。38度くらいのぬるめのお湯で体をジョイおっくり温めることで、アポクリン腺から汗を流し、デトックス効果を高めましょう。

半身浴でぬるめのお湯につかり、20分以上は浸かりましょう。途中で脱水状態にならないように、しっかり水分補給しましょう。ペットボトルを湯船に持ち込んで、さらに上半身が冷えないように上半身を覆うバスタオルも用意しましょう。上半身が冷えてしまうと効果が亡くなってしまうといわれています。なので上半身はしっかり保温しながら半身浴をしましょう。

まとめ~ダイエットで汗をかく・かかないは関係ない?~

いかがでしたか。ダイエットで汗をかくのは脂肪燃焼にはあまり関係ないようですね。汗をたくさんかけばかくほど良いというわけではなさそうです。

しかし、汗をかくような体温が上がった状態では代謝や血行がよくなり痩せやすい体になっていることは確かですし、アポクリン腺から汗をかけばデトックスにもなり痩せやすい体質ができるといってもいいでしょう。

なのでそのような意味では汗をかくのはダイエットに効果があるということですね。あなたもぜひアポクリン腺から汗をかくことを心がけて、デトックスしてみてください。健康にも良い効果がありますからね。

また、運動で汗をかくこと自体は気分転換にもなりますし、脂肪燃焼効果があることや体に良いことは間違いないので運動習慣を付けるのもおすすめです。

スポンサード リンク