ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

暑いのと寒いの、ダイエットにはどっちが効果的?

暑いの・寒いの、ダイエットにはどっちが効果的なのかご存知ですか。暑いと汗をかきやすく代謝が促進する感じがしますよね。 寒いところにいると、血管が収縮して血行が悪くなりますし、体温が低くなりますので脂肪を燃焼しにくくなるんじゃないかというイメージがありますよね。

 

しかし、その一方で寒いと体温維持のために震えて筋肉を動かして熱を生み出したりして、カロリーを消費しやすいなんていう説もありますが、寒いところにいたら体脂肪率が増えたという話も聞きます。 いったい、暑いのと寒いのどちらがダイエットには効果的なのでしょうか。暑いと寒いとダイエットの関係について詳しくご紹介します。

スポンサード リンク
 

暑いと痩せるというのも正しい

暑いのは暑いので、痩せやすいというのも確かです。暑いからといって、脂肪が燃焼しやすいわけではありません。 暑いと体温が上がるので、なんとなく脂肪燃焼されている錯覚に陥りますが、脂肪が燃焼するときの条件というのは

■エネルギーの枯渇を補うとき

■体温の低下を内側から温めて体温を上げようとするとき の2点です。

 

暑い夏の日、体温は嫌でも上がるのでそれを下げようとするときには何が使われるかというと、「汗」です。脂肪が使われるわけではないので、脂肪燃焼するわけではないんですね。

☆暑い日は水分が失われやすく、

☆寒い日は脂肪が失われやすい

というわけです。

スポンサード リンク
 

では、なぜ暑いと痩せるのか

暑いからといって特別に脂肪が落ちるわけではないのに、暑いと痩せたという人たちがいるのも事実。 では、この人たちはなぜ痩せたのかというと、脂肪太りの部分が痩せたのではなく「むくみ太り」が解消されて痩せたと考えられます。

 

車や電車や頭脳労働、シャワー派など、現代の生活スタイルは汗をかかない人が多くいます。そして飲んだ分と同じだけおしっこで排出しているのか?というとそうでない人が多いでしょう。 程度の差はあれど、現代人はむくみがちなのです。

 

でも暑い季節にはみんな大なり小なり汗をかきます。そしてむくみが解消されて見た目が一気に細くなるというわけです。 むくみ太りは一気にストンと痩せやすい。見た目にも変化が現れやすいんですね。単純に脂肪だけで太っているのを痩せようと思ったらかなり時間もかかりますし消費カロリーも増やして相当努力が必要です。

スポンサード リンク
 

脂肪が減りやすいのは寒い時

寒い時は、体温を一定に保とうとして体温を上げようとする作用が働きます。熱エネルギーを生産しようとしてカロリーを消費します。 ノルウェー、アラスカ地方の携帯食は、とっても高カロリーで7000キロカロリーを超えると言われています。 寒いとその分体温を上げようとする働きによってエネルギーが消耗されてしまうからなのですね。

スポンサード リンク
 

まとめ

さて、いかがでしたか。暑いと汗が出て脂肪ではなく水分を消耗するので、むくみ太りが解消されて痩せやすい。 寒いと体温を上げようとする働きによってエネルギー、脂肪が消耗されやすい。

 

という2点のポイントが明らかになりましたね。 結論は、暑くても寒くてもどっちも痩せやすいダイエット効果はあるんだということです。 冬も夏も実はダイエットに良い季節だということなんですね。

スポンサード リンク