ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

アスリート流のダイエットの食事はどんな内容なのか?

アスリート流のダイエットの食事はどんな内容なんでしょうか。アスリートの運動量を一般人が真似するのは厳しいでしょうから、アスリートの真似をすれば絶対痩せられるとはいえませんが、食事は参考になる部分が多いと思います。

 

やはり、筋肉を落とさずに効率よく体脂肪を絞りつつ、ビタミンやミネラルなどにも気を配り、健康的に締まったしなやかな体が作られるのは、食べ物の影響も多いことでしょう。 というわけで、今回はアスリートのダイエットの食事について調べてみました。

スポンサード リンク
 

やっぱり炭水化物は制限する?

ダイエットといったら、炭水化物制限をするととても痩せやすいというのが定説ですよね。炭水化物はアスリートはどのように食べているのかというと、減量中でもある程度は炭水化物も食べているようです。 炭水化物をあまり減らすと筋肉が落ちてしまう可能性が高くなるので、エネルギーを消耗するトレーニングの前と後に炭水化物を摂取するようです。

脂質はどうする?

アスリートは、動物のお肉の脂肪...飽和脂肪酸はあまり摂取しないように気を付けています。飽和脂肪酸は太るイメージがありますがその通り太りやすいんです。 その代わり、不飽和脂肪酸を摂取しています。植物や魚の油ですね。

 

しかし、近年では昔と比べて植物の油に多いリノール酸による炎症病が増えていると言われていましたね。今ではそのような情報も広まり、健康志向の人も増えてリノール酸による炎症性疾患は少なくなっているとは思いますが。

 

リノール酸の少ないのはオリーブオイルなどですが、オリーブオイルでもなんでも、基本的に油は血管のプラーク血栓の原因になるということで「血管プラークダイエット」なる食事法を実践している人たちもいます。

 

このような人たちは、血管プラークのステージが高い(血管プラークがすでに溜まっていて、梗塞になるリスクが高いと真島クリニックの検査で判明した)人達です。 油を摂らない弊害はないのかどうか、詳しいことは分かりませんが血管プラークダイエットを長年続けて健康にしている人もいるので参考にしてください。

スポンサード リンク
 

タンパク質はどのくらい?

アスリートといえば筋肉です。筋肉といえば、タンパク質が欠かせません。低脂質なヒレ肉や胸肉(鶏の皮は外す)、卵や白身魚などがヘルシーで高タンパクです。 タンパク質の摂取量が基準値よりも多く食べた人は、ダイエットによる筋肉の減少量がぐっと少ないことが分かっています。

 

あまり食べ過ぎても腎臓とかに負担がかかりそうなのでどうなのかな?と思いますが、筋肉の維持にはタンパク質が必須なのは間違いないようです。 筋肉をしっかり維持したままのダイエットでは、体重はあまり落ちません(筋肉が重いので)が、体脂肪率は減ります。 そして見た目には引き締まります。

 

速筋ではなく、遅筋を鍛えるようにすると女性らしいしなやかな見た目の筋肉になります。マラソン選手のような感じですね。速筋が鍛えられると、ムキムキゴツゴツとした見た目になります。自転車のレーサーのような感じですね。

スポンサード リンク
 

ビタミン、ミネラルもしっかり

タンパク質などの代謝には、ビタミンB群などが必須です。亜鉛や鉄、銅なども貧血予防に 必要ですし、カリウムマグネシウムやナトリウムなどの電解質もトレーニングで消耗しやすいですよね。

 

トレーニングによって発生する活性酸素を除去するためにビタミンCなども消耗します。 マルチビタミンマルチミネラルは食事やサプリなどで適切に補う必要があるでしょう。特に運動量の多い人は栄養もたくさん消耗しますのでしっかり補給しましょう。

スポンサード リンク
 

野菜

アスリートは野菜も必ず付け合わせて食べています。食事を公開しているアスリートを見ると、ブロッコリーが毎食と言っていいほど取り入れられています。 ブロッコリーにはビタミンCやいろいろなミネラルが豊富ですし、筋肥大に役立つ栄養も含まれていてダイエットにビッタリです。

 

ビタミンCは活性酸素除去や鉄分の吸収アップに効果的で貧血予防にもなります。また、コラーゲンを生成するので筋肉生成にも欠かせません。

まとめ

さて、いかがでしたか。アスリートのメニューは健康的に痩せられそうですね。筋肉も維持しながら体脂肪を絞っていくので筋肉によって代謝の高さが維持され、痩せた後もリバウンドしにくくなります。 ぜひ、アスリートの食事を参考にしてダイエットを成功させましょう。

スポンサード リンク