ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

ダイエットの足痩せ方法3選!むくみ太り、脂肪太り、筋肉太り、あなたはどれ?

ダイエットでも、特に足痩せしたいという場合はどのようなダイエット方法が適しているのか調べました。 水太りでむくんでいて足が太い場合は、むくみをオフするようなダイエット方法が足痩せに効果的です。

 

そして、脂肪太りしている場合でも、むくみ太りをしている場合でも、少しは筋肉も付けたほうが脂肪の燃焼が活発になり痩せやすくなります。 逆に、昔スポーツや部活、自転車通学などをしていて筋肉がたくさん付いてしまって筋肉太りしている場合は、その筋肉をちょうどいい細さまで落とすように体の使い方や歩き方、靴などを改善していくダイエット方法が足痩せに効果的です。

 

今回は、むくみ太り、脂肪太り、筋肉太りの3種類の原因やダイエット方法をご紹介します。

スポンサード リンク
 

むくみ太りの原因

まずは、むくみ太りになっている習慣を改めることが必要ですよね。むくみ太りの原因は、まず食塩の過剰摂取とカリウム不足が挙げられます。おつゆやお味噌汁、濃すぎではありませんか。また、塩気のあるスナック菓子やオカキ、お煎餅などを食べ過ぎていませんか。

 

亜鉛不足だと味覚が悪くなって味を感じにくくなり自然と濃い味付けになってしまうので気をつけましょう。 それから、肝臓が悪かったりタンパク質の不足によって、アルブミンがうまく作られず不足している場合もむくみやすくなります。

 

血管に水分保持能力のあるアルブミンが不足すると、血管内に水分がとどまりにくくなり、血管の外に水分が出てしまいむくみやすくなるのです。 また、ポンプ機能である心臓や、ふくらはぎの筋肉が弱って衰えるとむくみやすくなりますし、腎臓が弱ると尿が出にくくなりむくみやすくなります。

 

また、下肢静脈瘤という病気は、血液が重力に逆らって上ってくるための「静脈弁」が壊れるので血液が足にたまりやすくなりむくみやすくなります。 このように、むくみといってもいろんな原因があるんですね。しかし取り敢えず普通は塩分のとりすぎを改善すれば治るケースが多いです。

スポンサード リンク
 

むくみ太りの足痩せダイエット方法

まずは、塩分はほどほどにして、余分な塩分を排出する効果のあるカリウムを摂取するとむくみにくくなりますし、血圧も上がりにくく下げることができます。 カリウムは、人の体に欠かせないミネラルです。

 

カリウム血症になると、脱力が起こり体が動かなくなるくらいで筋肉を動かすのに欠かせないミネラルなんですね。 逆に高カリウム血症も心不全などに至るので、とり過ぎも注意が必要です。腎臓が悪いとカリウムを排出する機能が衰えて高カリウム血症になりやすいので注意しましょう。

 

また、タンパク質不足はアルブミン生成不足になりむくみやすくなりますし、足の筋肉も減ってしまうので血液を押し上げるポンプ機能が弱まりむくみやすくなりますね。 なのでタンパク質を摂取して、運動することが大切です。

 

スポンサード リンク
 

座ってつま先を上げて今度はかかとを上げてというふうに動かすだけでもふくらはぎのポンプ機能が働きます。 座りっぱなしのデスクワーク、立ち仕事では時々ふくらはぎが動くように工夫すると浮腫を防げます。

 

心臓と腎臓、その他臓器に異常がある場合はしっかり治す必要があります。個人的に漢方がオススメです。「○○ 漢方」と、○○のところに自分の治したい症状や病名を入れて検索すると結構漢方で治ったという情報が出てきて、すごいなーと試したくなります。

 

漢方でも短期間で劇的に効くものもありますから、体質にあったものを処方してもらえれば効果は抜群でしょう。

 

脂肪太りの原因

脂肪太りの原因というのは、カロリー過多と消費カロリー不足です。余分なカロリーが脂肪になって足についています。

脂肪太りの足痩せダイエット方法

スポンサード リンク
 

まずはカロリーの余分だなと思うところをカットしましょう。高カロリーなお菓子をやめたり、ドレッシングをノンオイルにしたり、マヨネーズを使わないようにしたり、ご飯のおかわりをやめたり、肉の皮や脂身を外して食べたり、揚げるのではなく煮たり蒸したり、などです。

 

それから、食べる順番を野菜→お肉→ご飯に変えるだけでも痩せやすくなります。食物繊維のおかげで血糖値が上がりにくくなり、高血糖を防げるからです。 高血糖は、インスリンが過剰分泌されるので脂肪が蓄えられやすく太りやすいのです。

 

なので食事は始めに野菜から完食して、タンパク質を完食して最後にご飯を食べましょう。 また、なるべく消費カロリーを上げましょう。姿勢を良くするというのも、結構筋肉を使います。インナーマッスルと呼ばれる深層部の筋肉を使うので、代謝が良くなり痩せやすくなりますから良い姿勢を保つのを心がけるだけでも代謝が上がりますよ。

 

筋肉太りの原因

筋肉太りの原因は、筋肉に脂肪がついて「霜降り」状態になってしまっているからだといわれています。 純粋に筋肉だけで太っている人というのはほとんどいないそうで、昔鍛えた筋肉が脂肪化してしまっていたり脂肪と合わさって太ってしまっているのです。

筋肉太りの足痩せダイエット方法

スポンサード リンク
 

筋肉を落とすというよりも、霜降り状態になった脂肪の部分を落とすことにアプローチしましょう。 基本的なカロリー制限をしつつ、脂肪燃焼のための有酸素運動をすることが効果的だといわれています。

 

有酸素運動といっても、筋肉に負荷がかかりすぎるものはますます筋肉を発達させてしまいますから、ウォーキングなどの軽い有酸素運動がおすすめです。 室内なら踏み台昇降運動などがいいでしょう。

 

あまり高い台を選ぶと、筋肉太りしてししゃも足ななってしまうといわれているので、低めの台を選んでステップしましょう。 このようなゆるーい有酸素運動では、遅筋という筋肉が鍛えられます。これは細い美脚を作るために役立つ筋肉です。 一方、速筋というのはがっちりと筋肉太りしやすい筋肉です。

 

瞬発力の必要なスポーツをしていた人はこの速筋が鍛えられてがっちりとした足になっている可能性があります。 競輪選手と、マラソン選手の足を見比べてみると一目瞭然ですね。競輪選手は速筋が鍛えられてがっちりとした足ですが、マラソン選手は細くしなやかな足をしています。

まとめ

さて、いかがでしたか。ダイエットで足痩せするには3つのタイプ別に対策すればいいということが分かりますね。 あなたはどの足太りタイプでしょうか。自分にあった足痩せダイエットを実践して、細くてしなやかな足を手に入れましょう。

スポンサード リンク