ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

ダイエット中のビタミンAの必要性。

ダイエット中の肌トラブルにビタミンAが効果的です。 ダイエット中は、栄養不足になるようなダイエットをしていると、特に肌が荒れたり髪が乾燥したりと全体的にげっそりした印象になるというのが昔からのイメージですね。

 

最近は、健康的に上手に痩せる方法も増えてきて、カロリーコントロールや食事制限をしないダイエット方法できれいに痩せる人も増えていることでしょう。 ダイエット中や、ダイエット中でなくても肌が荒れたら、ビタミンAをきちんと摂取しているか?というのを今一度確認してみてください。

 

ビタミンAの効果と、不足・過剰摂取したらどうなるかをご紹介します。また、ビタミンAが豊富な食材についてもご紹介します。

スポンサード リンク
 

ビタミンAの美容効果

ビタミンAは、美肌に効果的なビタミンです。肌や粘膜の健康を維持してくれる効果がありますので、ニキビや肌荒れの改善と予防になります。 また、肌のターンオーバーを促進するので肌の基本を整え強い肌にするためにビタミンAが効果的です。

 

また、シミなどを早くターンオーバーで剥がしたいときにビタミンAが不足しないように補給することが効果的でしょう。

 

ビタミンAの健康効果

ビタミンAは、視力を正常に保つのに必要な栄養素です。暗いところでものを見るためにも、色を見るためにもビタミンAが必要です。ビタミンAが不足すると、夜盲症になるといわれています。

スポンサード リンク
 

ビタミンAの不足と過剰症

ビタミンAが不足すると、どのような症状が出てきてしまうのかというと、目が見えづらくなるというのが主な症状です。 目も角膜、粘膜があるので、ビタミンAがないと健康が保てないんですね。

 

ビタミンAは、パソコンやゲームなどで消耗しやすく、ビタミンAが不足すると視力が低下して見えなくなることもあります。 ビタミンAは、脂溶性ビタミンのため、脂肪の吸収がされにくい体質の人は不足しやしいといわれています。また、アルコール摂取により消耗しやすいビタミンです。

 

また、ビタミンAは正常な細胞の増殖に必要なので、不足すると代謝が落ちて傷が治りにくくなったりもします。脳脊髄液減少症の人は、ビタミンAの血中濃度が低い傾向があるのもそのためだといわれています。

 

スポンサード リンク
 

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので体に溜まりやすく、肝臓に蓄積します。レバーにはビタミンAが多いので食べ過ぎるとビタミンAの過剰摂取になりやすいです。 過剰症は、頭痛や吐き気、湿疹、抜け毛、筋肉痛、疲労、角質化、肝臓肥大などがおこります。

 

摂りすぎにならないように、また不足にならないように気をつけましょう。

ビタミンAの多い食品

ビタミンAは、緑黄色野菜のベータカロテンが、体内で必要な分ビタミンAに変換されます。 なので、ベータカロテンの多い食品はイコールビタミンAの多い食品と数えられます。

 

ビタミンAが多いのは、鶏レバー、豚レバーなどレバー系と、卵の卵黄などです。 ベータカロテンが多いのは、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜です。 干し柿など一部の果物も多い傾向にあります。

スポンサード リンク
 

まとめ

さて、いかがでしたか。ダイエットでは栄養不足にならないように、上手にカロリーカットしましょう。 そして、肌や目のコンディションを保つためにもビタミンA、ベータカロテンを適量摂取するように心がけましょう!

 

ビタミンAの消耗量は、目を酷使したりお酒を飲んだりすると早まりますし、ビタミンAの吸収率やベータカロテンからビタミンAに変換しにくい体質の人もいるようなので、適切な量がはっきりわかりにくいのがネックです。

 

しかし、ベータカロテンという形で摂取すれば、健康上の過剰症はないので安全だといわれていますから参考にしてください。

スポンサード リンク