ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

ダイエットの朝ごはんは、何時までに済ますのが正解?

ダイエットの朝ごはんは、何時までに済ますのが正解なのでしょうか。 朝ごはんは、何時までというのはあまり重要ではないみたいです。朝は一番太りやすい時間帯から外れているので、時間を気にせず食べていいでしょう。

 

ダイエットする上で知っておきたいのは、「太りやすい時間帯」と「痩せやすい時間帯」です。 この記事では、ダイエットにふさわしい「食べる時間帯」についてご紹介します。

スポンサード リンク
 

太りやすい時間帯は?

太りやすい時間帯というのは、夜の10時〜朝方2時頃です。この時間帯は、「BMAL1」というホルモンが増えてしまいます。 このホルモンは、体に脂肪を溜め込むようにと指令を出すホルモンです。

 

なので、夜食はなるべく食べないか、ヘルシー低カロリーな夜食をたべて、なるべく早めに眠るようにしましょう。

太りにくい時間帯は?

太りにくい時間帯は、午後3時です。ちょうどおやつの時間ですね。この時間帯はBMAL1が一番少ないので、おやつを食べてもすぐにエネルギーとして消費されやすく、太りにくいのです。

 

ちょっと高カロリーなものを食べたいときは、おやつの時間に食べるようにするとダイエットに効果的ですので覚えておいてください。

朝食は食べたほうがいい?

朝食を食べないほうが、太る・太らないと意見が分立していますが、朝食を食べる人のほうが体脂肪率が総合的に低いということがわかりました。

 

スポンサード リンク
 

朝食を食べない人と、朝食を時々食べる人と、朝食を毎日食べる人のグループの体脂肪率を調べた結果、朝食を毎日食べる人は一番体脂肪率が少なく、時々朝食を食べる人は次に少なく、朝食を食べない人は一番体脂肪率が多かったという平均の結果が出ています。

 

つまり、朝食を食べたほうが体温が上がり、一日の活動による消費エネルギーが全体的に上がることで、太りにくくなるといわれています。 また、同じカロリーでも一日数回に分けて食べたほうが消費カロリーが増えるので太りにくくなります。

 

朝食は、野菜やタンパク質をしっかり摂取して、炭水化物も控えめに食べるといいでしょう。 野菜から食べて、最後に太りやすい炭水化物を食べると、血糖値が緩やかに上昇するので高血糖によって肥満になるのを防ぐことができますよ。

 

スポンサード リンク
 

いわゆる「食べる順番ダイエット」というやつですね。このブログでも以前記事にしたことがあるので、よかったら読んでみてください。

 

摂取カロリーは同じで、同じものを食べているのに野菜→タンパク質→炭水化物の順番に食べることで血糖値の急上昇を防ぎ、肥満や糖化を防ぐことができるのです。

まとめ

さて、いかがでしたか。 ダイエットには、朝食はなるべく規則正しく食べたほうがダイエットに効果的だという事実が分かりましたね。 また、朝食を食べることで、体内リズムが整うということもダイエットに良い影響があります。

 

体内リズムが乱れると、BMAL1が常にたくさん分泌してしまうそうで、脂肪を蓄えやすくなるそうです。 なので、体内リズムを整える意味でも朝は朝日を浴びて、朝食を取って一日を始めるといいんですね。

スポンサード リンク