ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

ダイエットには、赤ワインと白ワインどっち?

お酒の選び方もダイエットを左右しますよね。ワインをよく飲むという人は、おつまみやワインの種類にも気を付けないと太ってしまいます。

 

赤ワインと白ワインだったら、どっちがダイエットに向いているのでしょうか?

 

赤ワインと白ワイン、それぞれの違いと、どちらがダイエットに向いているのかについてご紹介します。

スポンサード リンク
 

 

赤ワインと白ワイン、カロリーの違いは?

 

赤ワイン、白ワインにカロリーの違いはありません。どちらも73キロカロリーです。

 

アルコールのカロリーは、体に蓄積されない「エンプティカロリー」と呼ばれています。アルコール自体のカロリーは熱になって放出されるので、太ることがないカロリーだといわれているのですね。

 

しかし、それでもワインにはアルコールだけでなく糖質が含まれていますよね。この糖質が太るカロリーになるのです。

 

スポンサード リンク
 

赤ワインと白ワイン、糖質の違いは?

 

赤ワインのほうが、白ワインより若干炭水化物が少なめです。そして、赤ワインのほうが若干アルコール度数が高めです。

 

ワインの甘さは、糖によって作り出されている甘さだったのですね。甘いワインほど太るということです。

 

お酒には、醸造酒と蒸留酒の二種類に大きく分けることができますが、蒸留酒には糖が含まれていません。

 

なので、蒸留酒のブランデーやウイスキーなどは、太りにくいお酒ということになります。アルコール度数が高く、カロリーは高めですが、低糖質なので体に脂肪として蓄積しにくい、ということです。

  

ワインなら、辛口のワインがダイエットには良くて、甘口のワインは太りやすいということになります。

 

スポンサード リンク
 

おつまみに注意

 

そして、一番注意が必要なのがおつまみの種類です。ワインのおつまみに、チーズなど高カロリーなおつまみを食べるのではないでしょうか。

 

お酒自体というより、おつまみで太るという人は多いので、なるべく低カロリーなおつまみを食べましょう。

 

赤ワインには、チーズやドライフルーツ、ナッツ、ハム、サラミ、ガーリックトーストなどコクのあるおつまみが合いますよね。なので、太りやすいのです。

 

一方白ワインには、魚や、野菜スティックなどあっさりした低カロリーなおつまみが合いますよね。白ワインのほうが、ダイエットにはおすすめです。

 

辛口の白ワインで、糖質オフ。おつまみも低カロリーでヘルシーなものを選ぶといいですね。

 

スポンサード リンク
 

まとめ

 

さて、いかがでしたか。

ワインは、カロリーで選ぶのではなくて、ダイエットを考えるなら糖質の量で選べばいいということが分かりましたいね。白ワイン、赤ワインどちらというよりは、ダイエット中は甘口のワインより、辛口のワインがおすすめです。

 

白ワインの辛口には、シャブリ、テラ・ヴェガ・シャルドネヴェルディッキオ クラッシコ、メゾン・マイヨール“ソーヴィニヨン・ブラン”、ファレルニア“ペドロヒメネス”などなどが人気のようです。

 

 

シャブリは、ワインを飲まない人でも耳にしたことはあるのではないでしょうか。

そのくらい有名なワインで、凛とした綺麗な酸味が感じられるワインで知られています。

 

スポンサード リンク
 

また、ミネラル感が高いワインとしても有名ですね。シャブリの原料のブドウであるシドネが作られるフランスのシャブリ地区は、海のミネラルが豊富で、シャルドネは豊かなミネラルを土壌からたっぷり吸い上げています。

 

なので、ミネラル感のある味わいになるというわけなんです。これらの辛口ワインはダイエットにおすすめです。

スポンサード リンク