ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

小豆を使ってダイエット

ダイエットには小豆がいいです。なぜなら、血糖値が上昇して脂肪が付くのを抑えてくれるからです♪

 

食物繊維が豊富であるということ、ポリフェノールが豊富であるということ、この2点によって小豆は血糖値によって太るのを抑えてくれます。

 

さらにさらに、小豆には利尿作用によって、むくみを解消する働きがあり、水太りの解消にもなります。 そして、食物繊維コレステロールを排出してくれるという作用もあるんですよ。 なので、ダイエットには小豆を食べるといいですよ。

 

ところで、小豆を使ったダイエットには、どのくらいの効果が出ているのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

スポンサード リンク
 

小豆スープダイエット

小豆スープダイエットをした40代の女性 ☆1ヶ月で2キロ 小豆スープダイエットをした30代の女性 ☆20代の頃より7キロ痩せた。地味だけど、体質が痩せやすくなるのか、じわじわと効果がある。


小豆スープダイエットのやり方

小豆スープダイエットは、小豆の煮汁を飲むというダイエット方法です。 小豆を煮ると、赤いアントシアニンというポリフェノールが加熱されて茶色くなりますよね。 その茶色のポリフェノールを飲むと、コレステロールを減らしてくれるんだそうです。

 

小豆の煮汁を、1日500ミリリットルくらい飲みます。 何度かに分けて、飲みましょう。温かい煮汁を飲むことで、代謝がアップし痩せやすくなる効果もあります。 ただし、小豆は豆類なので、フィチン酸が含まれています。

 

ミネラルを阻害する物質ですね。 小豆のフィチン酸は、茹でこぼすことで除去できますから、茹でこぼしてアク抜きしてから煮汁を作るといいでしょう。

スポンサード リンク
 

さて、小豆の煮汁だけでダイエット効果があるなんて、驚きでしたね! でも、もちろんお豆の方も食べていいんですから、簡単にできる小豆レシピはないかなー、と調べてみました。

 

小豆といえば、やっぱりぜんざいとか、おしることかが思い浮かびますが、砂糖は太りますからね(^_^;) 自分で手作りして、甘さ控えめなら市販のよりはずっといいとは思いますが。 小豆粥とか、かぼちゃと小豆の煮物(いとこ煮)とかが無難かなと思います。

 

小豆粥の作り方

 

お米を研いで、茹で小豆を入れて、お塩も少し入れて、普通に炊飯器で炊くだけです。 かぼちゃを1口サイズに切り、鍋に入れて柔らかく煮ます。 煮汁が鍋底から1センチになるようにし、煮てある小豆を入れて、みりん少々、砂糖少々、醤油大さじ1くらい入れて、落し蓋をして弱火で10分くらい煮ます。 そのまま冷まして味を馴染ませたら完成です!

 

ちなみに、なんでいとこ煮はいとこ煮というのかな?と調べてみたら、名前の由来は「煮えにくい具材を次々入れて煮ることから、おいおい→甥甥→いとこ」のようにかけたのだそうです。 ふーん・・・。

スポンサード リンク
 

まとめ

さて、いかがでしたか?小豆は、体にいいと昔からいいますよね。ダイエット効果もあるとは! アンチエイジングにもおすすめの小豆、ぜひ活用してみてはどうでしょうか?

スポンサード リンク