ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

ダイエットのおやつに焼き芋は...太る、太らない?便秘になる?

焼き芋はケーキや和菓子と比べたら、お砂糖が入っていないのでダイエット中のおやつにいいといわれていますよね。

でも、焼き芋も野菜の中では甘い方ですし、最近は品種改良で、糖度が高いさつまいもも多く出ています。なので、一概にダイエットにいいとはいえないんですね。

 

そんなさつまいもでも、お菓子よりはいい部分ももちろんあるわけで、今回はさつまいもの(焼き芋の)ダイエット効果や魅力、注意点についてご紹介したいと思います。

 

スポンサード リンク
 

さつまいもは低GI

さつまいもはお菓子とは違って、添加物の心配もなく、なにより食物繊維が豊富なため、GI値が低いです。なので、太りにくい食材なんですね。食物繊維の少ないスイーツや和菓子類は、血糖値が急激に上がるので、太りやすいですし糖化もしやすいです。

 

糖化は、肌が黄ぐすみしたり、血管がもろくなったり、胃痛になったり、骨が黄色く劣化したりなどなど...全身が、キツネ色に焼けたパンケーキみたいになってしまう現象です。

 

体にも見た目にも悪いので、低GIを心がけましょう(普段の食事には、食べる順番ダイエットが効果的です)。さつまいもは、そのままふかして食べたり、焼き芋で食べるのが自然な食べ方ですよね。

 

お砂糖を入れて小麦粉を使って、お菓子を作っても美味しいんですがダイエット効果は薄れるでしょう。

 

スポンサード リンク
 

さつまいもは水分と一緒に!でないと便秘になるかも。

さつまいもは、水分もしっかりと摂取しないと便秘になってしまいます。

便秘は、食物繊維で改善する場合もありますが、食物繊維が水分を吸って膨らんでしまうので、水分不足だと固くて出しにくい便秘になってしまうかもしれないのです。

 

でも、しっかりと水分摂取した暁には、ちゃんと便秘にならずに済むようになったという感想もみられるので、何か飲みながら焼き芋を食べることにしましょう。飲み物は、もちろんお茶や白湯などヘルシーなものを選んでください。

 

体も温まって、デトックス効果や免疫力や代謝が上がりますよ。白湯は、飲みすぎるとミネラル不足になるかもしれないので、確か1日800mlまでだといわれています。

 

スポンサード リンク
 

どこの焼き芋がいい?

焼き芋は、いまやネット通販でも買えますよね。さつまいもは放射能がたまりやすいそうなので、安心な産地のだと安心できていいでしょう。

 

茨城のさつまいもでも、気にせずパクパク食べて大丈夫な人もいるみたいですが...

放射能被爆は十何年後とかに出てくるといわれているので、油断はできません。

 

また、放射能は意識圧とか、意識レベルの高さによっても無害化されるみたいなので、同じものを食べても無毒化してしまえる人と、そうでない人の差が出ているのではないかと思われます。

 

死んだら、あの世では病気なんてない、健康な体で過ごせるといいますが、波動が高まると病気にならないんでしょうね。笑ったら放射線量が下がったとかいうデータもあるみたいですし、前向きに生きれば放射能が寄ってこないというのも実は本当だったのかもしれませんね。

 

まとめ

さて、いかがでしたか?

さつまいも、焼き芋はダイエットのおやつに、比較的罪悪感なく食べられる食材ですよね。水分もしっかりと摂取して、便秘を防ぐのも忘れずに!

スポンサード リンク