ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

ダイエット用、太りにくいおかずのポイント、食べ方5選!

ダイエットにいい、太りにくいお弁当のレシピはどんなものがあるのでしょうか? お弁当のおかずは、栄養がありながらも、低カロリーで太りにくいメニューにしたいですよね!

 

ダイエット効果のあるお弁当のおかずには、どんなポイントがあるのかな?と調べてみましたので、5つご紹介します!

スポンサード リンク
 

太りにくい食べ方1.白いご飯は少なめに

おにぎりなど、ご飯の割合が多くなりがちなお弁当ですが、炭水化物は太りやすいのであまりたくさん食べるとダイエットに悪いです。   炭水化物抜きダイエットみたいな、食べなさすぎも体に悪いといわれていますが、炭水化物の食べ過ぎは太りやすいです。

 

なので、野菜や良質なタンパク質を多めに使ったおかずを作るといいでしょう。 また、お弁当の最初にご飯を食べるのではなくて、野菜などの食物繊維を摂取してから炭水化物を食べましょう。

 

「食べる順番ダイエット」といって、同じカロリー食べるのでも、食べる順番を変えるだけで太りにくくなるんですよ。 野菜→タンパク質→炭水化物の順番に食べるといいといわれています。

スポンサード リンク
 

太りにくいおかず2.卵

卵は、タンパク質が豊富で、しかもアミノ酸スコアも100の良質なタンパク源になる食材です。 卵はコレステロールがありますが、悪玉コレステロールを下げる栄養も同時に含まれているといわれていて、普通に食べる量なら健康面でも問題ありません。

 

卵焼きや、だし巻き卵は、お弁当の定番のおかずでもありますよね。 黄色い彩りは、お弁当を美味しそうに見せてくれて、卵焼きがあるとテンションが上がる♪という人も多いのではないかと思います。

 

卵焼きを作るときは、めんつゆや濃口醤油よりも、白だしを使うと、茶色っぽくならずに見た目もきれいに仕上がりますよ!

スポンサード リンク
 

太りにくいおかず3.蒸し野菜

蒸し野菜は、煮物と違っておつゆがこぼれないので、お弁当に入れていっても安全です。 お弁当から、煮物の汁が染み出してしまったり、お弁当の中のごはんなどに味が染みてしまったり、という悩みは結構ありがちみたいですよね。

 

かぼちゃやニンジン、ブロッコリー、コーンなど、見た目もカラフルになりますし、煮物よりも鮮やかな色でかわいいお弁当になりますよ。

 

味付けは、塩コショウでシンプルにしてもいいし、ドレッシング(なるべく低脂肪、ノンオイルのドレッシング)を別で持っていって、食べるときにかけてもいいですよね。

スポンサード リンク
 

太りにくい食べ方4.白いご飯を麦ごはんにする

白いご飯よりも、押し麦など麦ごはんにするというのもダイエットに効果があります。 麦は、白米よりも食物繊維が豊富で、血糖値の上昇を抑えてくれるといわれています。 また、プチプチした食感で、白米よりも自然とよく噛むことになります。

 

押し麦は、小麦ではなく大麦が原料で、大麦にはグルテンが含まれていないのでグルテンの害の心配もないと思われます。 大麦は、白米よりも大粒で膨らむので、食感は慣れが必要かもしれません。

 

白米は血液を酸性に傾けますが、麦はアルカリ性にするので健康にいい、といわれています。 大麦は、炊くときに白米より固くなりやすいので、浸水が必要です。 押し麦の場合は、浸水しなくても問題なく炊けます。

 

押し麦1カップに、水2カップの割合で水加減して炊くと、固くなりにくいですよ。

スポンサード リンク
 

太りにくいおかず5.スープやお味噌汁

最後にご紹介するのは、スープやお味噌汁です。 魔法瓶など、汁物専用の保温容器に入れて持っていくといいでしょう。

 

スープやお味噌汁は、汁物なので体が温まりますし、温かいお湯が胃にたまって、満腹感を得やすく、食欲が抑えられます。 温かい食べ物を食べるとホッと緩みますよね。 リラックスにもお勧めです。

まとめ~ダイエットの太りにくいおかず・食べ方

さて、いかがでしたか? ダイエットにぴったりのお弁当のポイントやおかずを、いくつかご紹介させていただきました。 少しでも取り入れられるものがあれば、早速実践してみてください☆

スポンサード リンク