ダイエット!痩せる食事とおやつ

ダイエット向き、痩せる食事とおやつをご紹介!

あと3キロダイエットで痩せるには?

あと3キロダイエットで痩せるには、むくみをオフするダイエットが一気にストンと落とせます。

 

脂肪自体は軽いので、脂肪を純粋に3キロ落とすのはハードでしょう。筋肉は重いので、筋肉が落ちることでも体重はすぐに落ちやすいです。 しかし、筋肉が落ちると体重こそ減りますが、体脂肪率は増えてしまいます。

 

また、体重はあまり落ちなくても、筋肉を鍛えながら痩せた場合は体脂肪率が少なく引き締まった体型になり、筋肉のおかけで代謝の高さが維持されるので、ダイエットをやめたあとも痩せやすくエネルギー消費の高い体質が維持できます。

 

スポンサード リンク
 

筋肉は落としたくない。でも脂肪を3キロ落とすのは大変。でも、あともう一つ楽に落とせるものがありますよね。それが余分な水分、うまり「むくみ」です。 暑い夏の日、汗をたくさんかいたら足がすごく細くなっていたという経験はありませんか?

 

自分はむくみ太りしていない、これは脂肪太りだと思い込んでいても、現代人は汗をかくことも少ないですから程度の差はあっても多少はむくみ太りもしているのです。

 

そんなむくみ太りを解消できると、細胞に溜め込まれた余分な水分が一気に落とせるということなので、見た目もすっきり、体重も水分の分だけ痩せることができるというわけなのです。

 

ということで、今回はむくみ太りを解消する方法に絞ってご紹介していきます。

 

スポンサード リンク
 

反復浴

反復浴は、普段汗をかきにくい人でも汗を大量にかける入浴法です。 注意点は、体力の消耗が激しいので、食後すぐや疲れているときや妊婦さんは行わないこと。 そして脱水になったり血液が粘度を増して血管を詰まらせる可能性があり、梗塞の危険があるので、水分をしっかり補給することです。

 

そして具合が悪くなりそうだったら中止してお風呂から上がって休むこと。これらの点を守ったうえで反復浴を行いましょう。 まず、5分間熱めのお湯に肩まで浸かります。そして5分上がって休み、3分お湯に浸かります。5分休み、3分浸かり、これを繰り返します。

 

あまり長くやってもあれなので、浸かると休むを3セット繰り返しましょう。 これで汗をたくさんかいてむくみが解消。お風呂上がりもポカポカ、代謝が良くなる感じがします。また、消費カロリーも結構高いです。

 

交感神経が活発になり心拍数が上がるので、ジョギングした時のようにカロリーを消費できるのです。

 

スポンサード リンク
 

利尿作用のある食べ物、飲み物

 

利尿作用のあるのは、カリウムの多い野菜や果物。カリウムが足らないと低カリウム血症といって筋肉がうまく動かないという症状も現れますし、高カリウムだと腎臓に負担をかけるようなので、塩分を適量に抑えた上でカリウムも適度に摂取すればいいでしょう。

 

また、漢方でむくみに効く「利水作用」があることで有名なのが五苓散。 利水というのは、水分のアンバランスを調節する働きがあります。つまり、むくんでいるけど目や口は乾くというようなアンバランスな状態を整え、むくみを改善しドライアイやドライマウスを改善するということです。

 

漢方は、単純な利尿作用というのではなく、バランスを整えてくれる作用があるみたいです。凄いですよね。

 

おやつ抜きダイエット

 

おやつ抜きダイエットも、むくみをオフしてくれる働きがあります。ポテトチップスなどスナック菓子は塩分が多くてむくみの原因になります。 それから、お砂糖も実はむくみの原因になるのです。

 

おやつ抜きダイエットを始めたら短期間で体重が落ちたとか、顔周りなどがすっきり見えるようになった=むくみが取れた(?)という現象が起こるようです。

 

スポンサード リンク
 

リンパマッサージ

 

リンパマッサージも、むくみを取るのに効果的です。足は心臓から遠いため血液が滞りやすく むくみやすいものです。足を足首の方から膝裏へ、ももの付け根へ、という風な方向でマッサージしましょう。 ふくらはぎを揉むことによって全身の血行が良くなる効果もおまけで付いてきます。

 

まとめ

さて、いかがでしたか?あと3キロ痩せたい。あと少し絞りたい。というときは、脂肪を燃焼させようと意気込むよりも、むくみを改善するための対策のほうが効果が出やすいです。

 

ただし、誤解しないで欲しいのが、水分はしっかり摂りましょうということです。水分不足だと脳の働きも悪くなりますし、血液もドロドロになりやすいです。それに、塩分も必要量は摂取しましょう。電解質は必要です。塩分が不足すると力が出なくなります。

 

しっかりと水分、塩分も摂取したうえで、滞ってしまっている余分な水分を汗や尿で流し、むくみのないスッキリした体を目指していきましょうね!

スポンサード リンク
 

ダイエット、あと少し痩せたい。そんなときにオススメのダイエットとは。

ダイエットで、あと少し痩せたいというときは、どのようなダイエットがいいのでしょうか。あと少し痩せたい、3キロでいいから痩せたいというときにオススメの、簡単で賢いダイエット方法をご紹介します。

スポンサード リンク
 

食べる時間帯を「太りにくい時間帯」にする

夜に食べると太りやすい。夜食を食べると太るというのは聞いたことがありますか?夜遅い時間に食べると、ホルモンの関係で太りやすくなるのです。 なので、なるべく夜ご飯は8時くらいまでには済ませて、しかもあまり重ための食事は摂らずにカロリー低めのヘルシーな食事を摂るようにしましょう。 昼間のうちは、一日のうちでもっとも痩せやすい時間帯なのでお昼ごはんやおやつの時間にしっかりエネルギー補給するようにするといいでしゅう。 あるいはちょっとご褒美でおやつを食べるなら午後3時が一番痩せやすい時間帯なのでこの時間帯を狙いましょう。 もしどうしても夜お腹が空いたら、お腹が空いたままではよく眠れなかったりして辛いですよね。そうなったら我慢せずに太りにくいメニューを食べましょう。 お腹にたまりやすい汁物系(あっさり味)とか、ダイエットに効果的とウワサの脂肪燃焼スープとかがオススメです。 野菜チップスとか煮物とかもヘルシーですね。

スポンサード リンク
 

食べる順番を変える

食べる順番を変えるだけで太りにくくなり健康にもなるという「食べる順番ダイエット」というダイエット方法がありますよね。 野菜、肉、ご飯の順番で食べるように心掛けましょう。血糖値が上がりにくくなりインスリンの分泌が抑えられて、太りにくくなります。それに糖化も抑えられます。 パスタやうどんやカレーなどの一品料理の時は、野菜サラダを先に完食するといいでしょう。食物繊維が血糖値の急上昇を抑えてくれます。

姿勢を良くする

姿勢を良くすると、血行がよくなって代謝がよくなり痩せやすくなります。健康にもなります。 綺麗な姿勢を保つために必要なのがインナーマッスルなのですが、インナーマッスルが鍛えられると代謝がアップして脂肪が燃焼しやすくなるのです。 普段から良い姿勢を心掛けましょう。 良い姿勢といっても張り切りすぎて反り腰にならないように気を付けてください。

スポンサード リンク
 

反復浴

こちらは、むくみ太りや代謝が悪い人にオススメのダイエット方法です。むくみ太りの場合は、汗をかいて水分が排出されることで一気に見た目が細くなりストンと痩せやすいです。 脂肪を燃焼させて痩せるのは結構消費エネルギーを増やしたり摂取カロリーを減らさないといけないので痩せにくいですが、むくみ太りは痩せやすいです。 5分熱めのお湯に浸かって、5分上がって休み、3分浸かって5分休みを3セットというのが反復浴です。汗が大量に出ますので水分補給を心掛けましょう。無理しないように体調が悪くなったら中断してください。

まとめ

さて、いかがでしたか。食べる時間帯、食べる順番を変える、姿勢を良くする、反復浴をご紹介しました。ダイエットであと少し痩せたいという人は、ぜひ試してみて下さい。

スポンサード リンク
 

暑いのと寒いの、ダイエットにはどっちが効果的?

暑いの・寒いの、ダイエットにはどっちが効果的なのかご存知ですか。暑いと汗をかきやすく代謝が促進する感じがしますよね。 寒いところにいると、血管が収縮して血行が悪くなりますし、体温が低くなりますので脂肪を燃焼しにくくなるんじゃないかというイメージがありますよね。

 

しかし、その一方で寒いと体温維持のために震えて筋肉を動かして熱を生み出したりして、カロリーを消費しやすいなんていう説もありますが、寒いところにいたら体脂肪率が増えたという話も聞きます。 いったい、暑いのと寒いのどちらがダイエットには効果的なのでしょうか。暑いと寒いとダイエットの関係について詳しくご紹介します。

スポンサード リンク
 

暑いと痩せるというのも正しい

暑いのは暑いので、痩せやすいというのも確かです。暑いからといって、脂肪が燃焼しやすいわけではありません。 暑いと体温が上がるので、なんとなく脂肪燃焼されている錯覚に陥りますが、脂肪が燃焼するときの条件というのは

■エネルギーの枯渇を補うとき

■体温の低下を内側から温めて体温を上げようとするとき の2点です。

 

暑い夏の日、体温は嫌でも上がるのでそれを下げようとするときには何が使われるかというと、「汗」です。脂肪が使われるわけではないので、脂肪燃焼するわけではないんですね。

☆暑い日は水分が失われやすく、

☆寒い日は脂肪が失われやすい

というわけです。

スポンサード リンク
 

では、なぜ暑いと痩せるのか

暑いからといって特別に脂肪が落ちるわけではないのに、暑いと痩せたという人たちがいるのも事実。 では、この人たちはなぜ痩せたのかというと、脂肪太りの部分が痩せたのではなく「むくみ太り」が解消されて痩せたと考えられます。

 

車や電車や頭脳労働、シャワー派など、現代の生活スタイルは汗をかかない人が多くいます。そして飲んだ分と同じだけおしっこで排出しているのか?というとそうでない人が多いでしょう。 程度の差はあれど、現代人はむくみがちなのです。

 

でも暑い季節にはみんな大なり小なり汗をかきます。そしてむくみが解消されて見た目が一気に細くなるというわけです。 むくみ太りは一気にストンと痩せやすい。見た目にも変化が現れやすいんですね。単純に脂肪だけで太っているのを痩せようと思ったらかなり時間もかかりますし消費カロリーも増やして相当努力が必要です。

スポンサード リンク
 

脂肪が減りやすいのは寒い時

寒い時は、体温を一定に保とうとして体温を上げようとする作用が働きます。熱エネルギーを生産しようとしてカロリーを消費します。 ノルウェー、アラスカ地方の携帯食は、とっても高カロリーで7000キロカロリーを超えると言われています。 寒いとその分体温を上げようとする働きによってエネルギーが消耗されてしまうからなのですね。

スポンサード リンク
 

まとめ

さて、いかがでしたか。暑いと汗が出て脂肪ではなく水分を消耗するので、むくみ太りが解消されて痩せやすい。 寒いと体温を上げようとする働きによってエネルギー、脂肪が消耗されやすい。

 

という2点のポイントが明らかになりましたね。 結論は、暑くても寒くてもどっちも痩せやすいダイエット効果はあるんだということです。 冬も夏も実はダイエットに良い季節だということなんですね。

スポンサード リンク
 

ダイエットに熱いお風呂で「高温反復浴」が効果的!やり方・効果

ダイエットに熱いお風呂を効果的に使う方法があります。「高温反復浴」という入浴法です。 なんと、20分ほどの反復浴で消費カロリーが400キロカロリーという高さ!

 

これは、ジョギングで一時間走ったのと同じくらいのカロリーを消費することになります。 なぜ、こんなにも高温反復浴はダイエット効果があるのでしょうか。今回は、そのメカニズムと、実践方法をお伝えします。

スポンサード リンク
 

高温反復浴で痩せるメカニズム

高温反復浴は消費カロリーがとても多い入浴法ですが、熱いお湯は交感神経を活発にさせます。 それが、心臓の鼓動や呼吸回数を増やすので、ジョギングして走った時のように消費カロリーが増える効果があるというわけなのです。

高温反復浴のやり方は?注意点は?

お湯は40度〜42度の熱めのお湯に、肩までしっかり5分間くらい浸かります。そうしたら、湯船から出て5分休みます。そしてまた熱めのお湯に3分浸かります。また湯船から出て5分休みます。また3分浸かります。5分休みます。という具合に、これを3セット。 汗がたくさん出るので、水分補給を心掛けましょう。血が濃くなってドロドロになると、梗塞など事故を起こしかねません。 また、貧血気味の人や、妊婦さん、極端にお腹が空いているとき、食後は避けましょう。

スポンサード リンク
 

反復浴の効果の口コミ

反復浴は、どんな効果があるのでしょうか。実践した人の口コミをいくつかご紹介します。

■お肌のモチモチ、気持ちよさを実感できる。リンパマッサージも同時進行でやると、顔やお腹周りがすっきりしてきた。

■汗がすごく出る。1回の反復浴で、0.5キロマイナス。

■真夏に41度で反復浴。ぶっ倒れそうになるし汗が滝のように出る。

■1ヶ月で5キロ痩せた。1週間くらいで体型が変わってきて2週間で周りからも痩せたねと言われた。

■入浴時間を有効に使えてお金もかからないので最高。代謝が良くなった。

■かなり汗をかくし体力消耗する。代謝は良くなった感じがする。

体脂肪率が下がった。代謝が悪いのでなかなか汗は出てこない。身体が硬すぎるのだが全身ポカポカで、入浴後のストレッチで身体が柔らかくなり床に指が届くようになった。

■お風呂上がりもずっとポカポカで、代謝がアップする感じはすごくある。普段汗をかかないのにこれは汗が出る。

スポンサード リンク
 

まとめ

さて、いかがでしたか。ダイエットには高温反復浴がとても効果的みたいですね。手軽だしお金も特別かからないのでいいですね。 ただし結構身体がしんどいみたいなので、水分補給を心掛けて脱水にならないように注意して行いましょう。 そして具合が悪くなりそうな気配がしたら、すぐに中断してお風呂から上がりましょう。 念のため、具合が悪くなった時のために誰かを呼び出せるように携帯をそばに置いておいたほうが安心かもしれません。 代謝が悪いとか、冷え症の人、普段汗をかきにくい人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク
 

ダイエットをしたら汗は減る?汗かきがダイエットによって治る理由とは

ダイエットで痩せたら汗が減る、汗かきが治るといわれていますが、本当なのでしょうか。太っていると汗をかきやすく、あせもとかになって大変だと言われていますよね。 太っているといっても、体質が正反対の場合があります。

 

エネルギーがたくさん発生していて、熱がこもりがちで、体温が高く汗をかきやすい。漢方的に「熱証」と呼ばれる体質ですね。 その逆が、冷えていて代謝が悪くて汗をかきにくい「寒証」と呼ばれる体質です。

スポンサード リンク
 

肥満以外の汗かきな原因

また、汗をかきやすいのは肥満以外にも様々な原因があります。 緊張による汗、香辛料の摂りすぎによる汗、脂質の摂りすぎによるエネルギー産生による汗、ホルモンバランスの乱れによる汗などなど。

 

なので、肥満が原因で、体のエネルギーが過剰な場合はダイエットして痩せることによって汗が減る、収まるという可能性があります。 脂肪がたくさんあると、体内の熱を外に逃したいときに脂肪によって保温されてしまい、うまく放熱できないので汗をかいて体を冷やそうとするのです。

 

・漢方的ダイエットへのアプローチ

漢方では、脂肪の代謝を促進するように働きかけるものや、水分の循環を良くして汗が減るように働きかける利水作用のあるものがあります。

 

利水というのは西洋の利尿とは違い、水分の配分を整えるということです。例えばドライアイだけどむくみやすいとか、涙が出やすいけどドライマウスだとか、そのような水分のアンバランスを整える作用があります。

 

このように、漢方を使ってダイエットをサポートしてもらうという手もあります。

スポンサード リンク
 

・漢方以外で普通にダイエットするなら

 

普通に痩せるなら、どのような方法がおすすめなのでしょうか。 誰にでもおすすめできるのがGI値コントロールの「食べる順番ダイエット」です。

 

それから、脂肪を燃焼する有酸素運動もおすすめです。室内で手軽にできる「踏み台昇降運動」がおすすめです。 順番に詳しくご紹介していきましょう。

食べる順番ダイエット

食べる順番ダイエットは、野菜から完食し、タンパク質を完食し、最後に炭水化物や糖質を食べるというダイエットです。 野菜は食物繊維が豊富ですよね。食物繊維が糖質の吸収を阻害するので血糖値が吸収されるスピードが遅くなります。

 

空きっ腹にいきなりお菓子とかご飯とかパンとかは、一番血糖値が上がりやすいパターンです。これは太りますし、糖化もします。体に悪い食べ方なので気を付けましょう。 なぜ高血糖だと太ってしまうのかというと、糖の処理のために分泌されるインスリンが、脂肪を溜め込みやすくする働きがあるからです。

 

インスリンを分泌している膵臓は、高血糖になると「!」となって慌ててインスリンを大量に放出します。 しかし、余り過ぎたインスリンの作用で今度は逆に低血糖になりすぎてしまいます。この低血糖症はいろんな嫌な症状が出るらしいですね。 甘いものや炭水化物を多めに食べた後、さっき食べた筈なのにいきなりすごくお腹が空いて力が入らないときってないでしょうか。

 

これも低血糖症の仕業だと思われます。 そのような症状を防ぎ、太りにくくもなる食べ方が、野菜から食べる「食べる順番ダイエット」というわけなのです。

スポンサード リンク
 

踏み台昇降運動

有酸素運動は、脂肪を燃焼するためにとても効果のある運動です。ジョギングなんて面倒くさいことはしなくていいんです。 雨の日でも寒い冬の日でも、暑い夏の日でも、快適な室内で踏み台昇降運動をすれば汗だくになります。

 

踏み台昇降運動は、10センチから15センチくらいの高さの台を使い、ステップを踏む運動です。 これ以上の高さだと、ふくらはぎの筋肉が太くなってししゃも足になりやすいので注意してください。 10分もすれば汗だくになれるとのことですから、室内でも充分な運動量になりますね。

 

踏み台昇降運動は、右足から乗り、左足を乗せたら右足から下り、左足を下ろすという繰り返しです。 腕も歩いている時のようにしっかり振ることを心がけましょう。

スポンサード リンク
 

まとめ

さて、いかがでしたか。汗かきなのは、脂肪の多さも一因ですし、体質が熱証であることも原因だということも分かりましたね。 カロリーを制限して余分なカロリー摂取を控えたり、香辛料や脂質もあまり食べないほうがいいでしょう。

 

あとは、体脂肪を減らさば汗かきなのは治っていくことでしょう。 更年期の方はホルモンバランスの乱れも考えられるので一概に肥満が原因とはいえませんので、診てもらうと安心ですね。

スポンサード リンク
 

ダイエット中の汗が臭いのはなぜ?臭わない汗をかく方法は?

ダイエット中の汗が臭いというとき、困りますよね。汗は無臭でサラサラした汗もありますが、その逆にベタベタした臭い汗もあります。 ベタベタした臭い汗を欠かないためにはどうしたらいいのでしょうか。ダイエット中に汗が臭うようになってしまう原因と、改善するための対策方法を調べてみましたのでお伝えします。

スポンサード リンク
 

臭い汗の原因は?

臭い汗は、アポクリン腺から分泌される汗です。血液中のナトリウムや刺激臭の物質が汗と一緒に出てしまうんですね。それで乾くとベタベタしたり、臭う汗になってしまうのです。

 

このミネラルが豊富な汗は、熱中症になりやすかったり、肌をアルカリ性にするので雑菌が増殖しやすくなり、においやすくなってしまうのです。 その逆が、エクリン腺からかく「良い汗」です。 ナトリウムなどのミネラル分が少なく、小粒で、サラッとしていて、すぐに蒸発しやすい汗です。

スポンサード リンク
 

運動不足 運動不足だと、新陳代謝が悪くなりますよね。なので汗をかいたときにアポクリン腺から出やすいのです。 普段から使っている水道は、蛇口をひねると綺麗な水が出ますが、しばらく使っていないと茶色く汚れた水が出てくるというのとおんなじようなもんだと考えると分かりやすいです。

間違った食事制限

炭水化物をちゃんと食べていますか?炭水化物は、体脂肪に変わりやすく太りやすいので、ダイエット中に控える人は大勢いらっしゃることでしょう。 しかし、炭水化物が極端に不足してしまっているとケトン体という物質が増えてしまうのです。

 

このケトン体という物質は、脳がブドウ糖を得られない時にエネルギー源として使うのですが、ケトン体は独特の臭いがするのでそのケトン体のにおいが汗や体臭として出てしまい、「ダイエット臭」が発生してしまうのです。

 

炭水化物抜きダイエットや、糖質制限ダイエットはゆるーくやらないと、汗や体臭が臭うことになってしまいますので気を付けましょう。 また、肉をたくさん食べる人は腸内で悪玉菌に動物性タンパク質が分解されてにおい物質が発生しますので臭くなりやすいです。

 

動物性タンパク質は、筋肉維持やうつ予防などにある程度は必要かもしれませんが、摂り過ぎは腎臓にも負担になるので1日の目安は守って食べるといいでしょう。

スポンサード リンク
 

サラサラ無臭の良い汗をかくためには?

では、サラサラの無臭の汗をかくためにはどうしたらいいのかというと、まず炭水化物も程々に摂取して、それから有酸素運動を日課にすることです。 有酸素運動を習慣的に行うことによってサラサラの汗をかきやすくなります。 それから、汗腺を鍛えることも効果的です。

 

汗腺を鍛える入浴法というのがありまして、これを行うと10日くらいで汗腺が目覚めてベタベタした汗からサラサラした汗に変わったという人もいます。 その入浴法というのは、湯船に低めにお湯を張って足の膝から下と、手の肘から下をお湯につけるという方法です。

 

お風呂の中に椅子を入れて、座って膝から下と肘から下だけが浸かるようにすると良いでしょう。

まとめ

さて、いかがでしたか。ダイエット中に、これまで運動不足だったのが急に運動するようになって、汗がベタベタすることに気づいたという人もいることでしょう。 これまで運動不足だと、やはり汗腺が鍛えられてサラサラの汗をかけるまではある程度時間がかかるでしょう。

 

でもなるべく毎日運動の習慣をつけていれば、そのうちサラサラ汗をキープできるようになってくると思います。 運動は健康にも、開運にもいいらしいのでダイエットに成功した後も継続的に続けていきたいですね。

スポンサード リンク
 

ダイエットでしょっぱい汗をかくのは悪い!?良い汗、悪い汗

ダイエットで運動やサウナで汗をかくと、口に流れ込んだ汗がしょっぱいと感じることはありませんか? あるいは、汗で濡れたシャツが白っぽく粉吹いたようになることはありませんか?これらは、汗に混ざっている塩分が多い「ベタベタ汗」をかいているからなのです。

 

このベタベタ汗は、汗が乾いた時に体が塩気でベタベタしたり臭いがしたりしやすいです。サラサラ汗に比べて体に悪いと言われています。 サラサラ汗をかくようにしたいものですが、いったいどうして人によって「ベタベタ汗」と「サラサラ汗」の違いが出るのでしょうか。

 

今回は、悪い汗である「ベタベタ汗」だと何が問題で、いい汗である「サラサラの汗」をかくにはどうしたらいいのかお伝えします。

スポンサード リンク
 

ベタベタ汗はどうして悪いの?

ベタベタ汗は、熱中症になりやすいので体に悪いといわれています。どうして熱中症になりやすいのかというと、ベタベタ汗はナトリウムやミネラルが体の外に出てしまうということと、ベタベタ汗はなかなか蒸発しにくく体温を下げにくいので熱中症になりやすいのです。 

 

汗をかいたら、必ず水分と塩分を摂取して熱中症予防を心掛けましょう。

ベタベタ汗をかく原因は?

人によってはサラサラ汗をかくひともいます。ベタベタ汗をかいてしまうのはなぜなんでしょうか。

■運動不足

■自律神経の不調

■不適切な食生活

■冷房による体温調節機能の不調

 

などです。

スポンサード リンク
 

サラサラ汗はどうしたらかけるの?

サラサラの汗にするには、汗腺を目覚めさせてあげる必要があります。 それには、ちょっと変わった入浴法で改善することができます。実際に、10日間この入浴法をすると汗のナトリウム濃度が減少し、汗も粒が小さい「サラサラ汗」の特徴になったという結果が出ています。

 

ただし、この人の場合は20代なので、汗腺が目覚めやすかったこともあるでしょう。もう少し年代が上の人は、3週間くらいは根気よく取り組むつもりで入浴法を試してくださいね。 ではその入浴法ですが、まずお風呂の湯船の中にお風呂の椅子を入れます。

 

そして、椅子に座り膝から下と両腕の肘より先がお湯に浸かるようにして、10分〜15分くらいそのまま浸かっていましょう。 膝から下と、肘から下をお湯につければ良いんですね。 ちょっと変なカッコの入浴法ですが試してみてください。

 

きっとサラサラの汗がかけるようになることでしょう。

スポンサード リンク
 

まとめ

さて、いかがでしたか。ベタベタ汗は体に悪いだけではなくて、においや肌触りも不快になりますよね。 夏はどうしたって外に出たらカンカン照りですから、汗をかきがちです。冷房の効いた場所に行って汗が乾いた時に、ベタついたり服が白っぽく粉吹いているのは嫌ですよね。

 

サラサラ汗がかけるように汗腺を目覚めさせてあげれば、同じように汗をかくのでも、不快度がグッと下がります。 夏に備えて(?)汗腺を鍛えましょう。

スポンサード リンク